猫もかかるフィラリア症|愛猫にずっと元気でいてもらうために、猫の薬を用意しよう

愛猫にずっと元気でいてもらうために、猫の薬を用意しよう

猫もかかるフィラリア症

黄色の錠剤

「フィラリア症」という言葉を聞いたことがあるでしょうか。
犬がよくかかる感染症の代表例、ともいえるフィラリア症ですが、猫にもかかりうる病気なのです。
というのも、このフィラリア症は蚊によって感染させられるからなのです。
夏なんて外にいようが家の中にいようが蚊に刺されてかなり厄介ですよね?
蚊は血液を栄養に生きているので、人だけでなく犬や猫も刺します。
人の場合は痒いくらいで、それ以外には特に体に変化はありませんが、犬や猫は感染症を引き起こす可能性があるのです。
感染経路としては、フィラリア感染している犬の血液を蚊が吸います。
その蚊が、まだ感染していない猫の血液を吸うときに、フィラリアの幼虫を体内に侵入させます。
そして、その成虫が体内を移動しながら成長し、最終的に肺動脈や心臓、というような重要な器官に寄生します。
それによって、呼吸困難を引き起こしたり、最悪の場合には死に至る可能性もあるのです。
もちろん、フィラリア感染している犬の血を吸っていない蚊の場合には人と同じように痒みを発症するくらいで済みますが、どの蚊がフィラリアの幼虫歩保有しているかなんてわかりませんよね?
蚊に刺されないようにするのも難しいので、そういう時には予防薬を投与してあげましょう。
猫の薬には、フィラリア症だけでなくノミやマダニなどの寄生虫による病気の予防薬がたくさんあります。
夏には特に要注意なので、夏がくる前に猫の薬を用意しておきましょう。